KYOBIJIN フェノキシエタノール

MENU

KYOBIJINオールインワンに使われる防腐剤フェノキシエタノール

KYOBIJINオールインワンには防腐剤として有名なパラベンは配合されてはいませんが毒性の低いけど劣化を防ぐ役目があるフェノキシエタノールが利用されています。

 

季節の変わり目はお肌にとっても敏感な時期です。
春は花粉の攻撃やら、急に強くなる紫外線についつい油断していると、お肌は知らず知らずのうちに多くのダメージを受けていることになりますね。

 

最近はすっかり“無添加”や“オーガニック”と謳った化粧品も多くなりました。

 

「なるべくなら自然に近いものを使いたい」
「刺激性の少ない安全なものを使いたい」

 

当然の希望だと思います。
ではその思いを胸に抱えたまま、化粧品にほぼ必ず配合されている『防腐剤』についてみて参りましょう。

 

『防腐剤』というと誰しもあまり良くないイメージをお持ちですね。
逆にお肌が腐るようなイメージを抱く人さえいるかもしれません。

 

ですがそんな『防腐剤』も化粧品にはなくてはならないものなのですよ。

 

化粧品は未開封で、極めてぞんざいな保存状態でないかぎり、3年間持つように作られています。
そこに役目を果たしているのが『防腐剤』です。

 

もしこの『防腐剤』がなければ、手指の細菌が化粧品に入り込んで、化粧品の成分のアミノ酸等々を栄養源に増殖してしまった場合、カビの発生や変色、異臭や劣化が起こってしまうことから、結果お肌に悪影響を及ぼしてしまうのです。

 

防腐剤の代表的なものに『パラベン』がありますが、KYOBIJINオールインワンにはパラベンは使われていません。
全成分表示ルールが始まって「旧表示指定成分」に入っていたことで、アレルギーを起こしやすいというレッテルが貼られ『パラベンフリー』という傾向が始まりました。

 

当時は濃度も高かったので、先に生まれていた『パラベン』はすっかり悪者扱いをされています。

 

『パラベン』も今では使用上限1%(100g中1.0g)のところ0.1%〜0.5%程度になっているようです。

 

そんな『パラベン』を横目に、最近では『フェノキシエタノール』がさまざまな化粧品に使われるようになっていてKYOBIJINオールインワンにも使われています。
名前にエタノールとついていますが、玉露の発揮成分として発見された無色または淡黄色の液体です。

 

以前は『パラベン』に比べると殺菌力が弱いので、必然的に濃度を高くしなければ効果が薄かった欠点がありましたが、近年では濃度0.2%の低い配合量でも効果を発揮するまで進化しています。

 

ほかの抗菌性の保湿剤と配合される場合も多く、その際の濃度は0.2%以下の使用になります。

 

無添加化粧品とうたわれている化粧品にも、植物の精油が防腐剤の役割として使われていることがありますが、植物であっても高い刺激性のあるものも存在しています。
また化学的データも少ないのが現状のようですので、『防腐剤』を必要以上に怖がらなくても大丈夫でしょう。

 

KYOBIJINオールインワンの効果・口コミ体験談