KYOBIJIN サトザクラ花エキス

MENU

KYOBIJINオールイワンに使われている成分サトザクラ花エキスについて

日本人に馴染みの深い桜。
桜は目で楽しむだけでなく、食品加工し桜餅や桜漬けなどにして楽しむこともできます。

 

これは桜には「抗酸化作用」があるといわれているからです。
サトザクラ花エキスは名前の通り桜から抽出されるエキスで美容作用が注目されておりKYOBIJINオールイワンに配合されています。

 

サトザクラ花エキスには抗酸化作用以外にも

 

・「抗糖化作用」
・「抗炎症作用」
・「美肌作用」

 

があります。
肌の老化の原因はいくつか考えられますがその中でも糖化が主な原因であるといえます。

 

糖化は身体の中で糖化した細胞とタンパク質が結びついて「AGEs」が生成されます。
このAGEsは異物と判断されて、「異常タンパク質」となってしまいます。

 

AGEsを分解しようと働くので分解酵素が過剰に分泌されてしまいます。
正常なコラーゲンやエラスチンまで分解してしまうことからシワやたるみの原因となり、老化へとつながってしまうのです。

 

サトザクラ花エキスはAGEsの生成を抑制する働きがあり、肌の老化予防に有効的であることがいえます。
また、サトザクラ花エキスはコラーゲンの生成を助ける働きも持っています。

 

コラーゲンは加齢とともに減少してしまい、肌のシワやたるみの原因となります。
コラーゲンが糖化されてしまうと固く弾力のないものへと変化し、弾力のない肌になってしまいやすいです。

 

サトザクラ花エキスは「抗糖化作用」の働きもあるので、より柔らかく弾力のある肌へと導いてくれます。

 

その他にもサトザクラ花エキスには「美白」が期待できます。
メラニンの生成を抑制する働きを持っているためKYOBIJINオールイワンのシミ予防の働きに相乗的に働きかけてくれます。

 

シミの原因である紫外線を浴びてしまった肌にはAGEsが多くあることが証明されています。

 

先ほどサトザクラ花エキスにはAGEsの生成を抑制する働きがあることを述べましたが、メラニンを生み出す原因のチロシナーゼの働きを止める力も持っているので、メラニンの生成を抑制し美白に対して働きが期待できるのです。

 

サトザクラ花エキスには美肌へ近づけてくれる働きに優れるのが分かります。
また、健康的な肌作りも助けてくれます。

 

シワやシミが気になる方だけでなく、肌荒れや乾燥肌が気になる方も一度サトザクラ花エキスをを配合しているKYOBIJINオールイワンはぜひ試してみる価値はあると考えれるでしょう。

 

■合わせて読まれてます■
注目成分米ぬかエキスの働き