KYOBIJIN シミトリー

MENU

KYOBIJINオールインワンとシミトリーの違いを比較した結果

KYOBIJIN同じ美白オールインワン商品になるシミトリー。
シミトリーに使われている美白成分はアルブチンでハイドロキノン誘導体とも呼ばれています。

 

ハイドロキノンは優れた美白力がありますが刺激が強いことがあり肌質によっては使えない人も事実あった成分。
アルブチンはイメージとしてはハイドロキノンの安全性を高めたものになります。

 

そしてアルブチンのサポート役でもあるビタミンC誘導体を配合させることで相乗的な働きが期待できるのはシミトリーのメリットだといえるでしょう。

 

KYOBIJINにもビタミンC誘導体が使われていますがそのサポートする働きがあるビタミンP誘導体を配合させているイメージに近いですね。

 

またシミトリーにはフランバンジェノールと呼ばれる優れた抗酸化力がある成分を配合しています。
活性酵素を抑制しシミの原因を予防します。

 

シミに対して有効な成分を豊富に配合しているシミトリーは独自の処方を取り入れています。
肌の保湿構造に近い球状のラメラ構造に類似させることで肌への吸収率を高めより成分の浸透性をUPさせる工夫がされています。

 

↓シミトリーの全成分↓

【有効成分】アルブチン 【その他の成分】フランスカイガンショウ樹皮エキス、ビルベリー葉エキス、3−O−エチルスコルビン酸、ユキノシタエキス、マロニエエキス、ヒトラ2−ヘキシルデカン酸アスコルビル、シア脂、カンゾウフラボノイド、N−ステアロイルフィストフィンゴシン、オリブ油、スクワラン、トリイソステリアン酸グリセリン、硬化ナタネ油アルコール、1,2−ペンタンジオール、1,3−ブチレングリコール、精製水、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、カルボキシビニルポリマー、アルギン酸ナトリウム、水素添加大豆リン脂質、天然ビタミンE、水酸化ナトリウム、フェノキシエタノール

 

シミトリーにもなかなか他では使われていない希少性の高いフランバンジェノールが配合されていたり魅力を感じる部分もあります。

 

何よりシミを防ぐ悩みはKYOBIJINでもシミトリーでも解消できるでしょう。

 

ただKYOBIJINにはシラカバ樹液を主成分としていたり季節ごとの旬の注目の美容成分を取り入れたりしている点もほかのオールインワンではなかなか見かけない魅力なプラスアルファであると言えるでしょう。

 

■合わせて読まれてます■
・KYOBIJINオールインワンVSシミウスを比較
・KYOBIJINオールインワンVSとろんと濃ジェル薬用美白を比較